「ほっ」と。キャンペーン

髪型

 お土産を持って行ったら、技師さんに「同じ髪型!と指摘された。日によっては この人にもなったりするんだけれど。つーか、オカザえもん、成人男性なのか…。
 昨日青木さんのところの学生に、研究の方向性などどう考えているのか?と聞かれたが、うまく答えることが出来なかった。私は流行ものに弱く、シグナル伝達>ラフト>イメージングと渡り歩いており、ある程度やり込むと飽きてしまうタイプである。FRETもその優位性もわかるし、京大時代には学生もいたこともあり色々作ってみたが、それが一番やりたかったことか?と言われると違う。イメージングを基本にするとどうしても観察drivenな研究になってしまうし、ストーリーがわからずうまく行かないときには将来が見えずにつらい。独自性というのを出すためには何か自分の軸となる、誰にも負けないことをもってして取り組む方法がいいとは思うものの、そんな技術は自分にあるのか?と思うと、自信は無い。あるべき姿と自分の能力に解離があるので、なかなかすっきりとした物言いにはならないのである。
[PR]

# by uchinadap | 2017-02-21 15:58 | 学会・旅など | Comments(0)

岡崎の土産

e0242080_1558634.jpg

岡崎カンファレンスセンターに行ったので青木研に寄ってきました。阪大微研のMM研を思い起こさせる雰囲気で、それはたぶん、郊外の研究所、5階の見晴らしのよいベランダ、健全に頑張る学生さんたち、若いボス、というキーワードが同じだからかな?と思いました。それにしても、広い!
[PR]

# by uchinadap | 2017-02-20 16:06 | 学会・旅など | Comments(0)

香林坊でランチ!

シンポジウムがあったので、近くでランチ!
e0242080_20140910.jpg
セレブなバーガ―屋
e0242080_20135677.jpg
スリランカなカレー。帰ってきてからは、テロメアのセミナー、素晴らしくわかりやすく面白かった。DICでもこれだけいろいろわかる、ということに感動。よく見る、大切である。

[PR]

# by uchinadap | 2017-02-15 20:20 | 学会・旅など | Comments(0)

お誘い

幻冬舎から手紙が来た。ちょうど正月に、兄文庫より「たった一人の熱狂」を読んだところだ。そのなかには、うろ覚えだが、純文学のような売れない本を出すためには、他の部署で下世話(?)なものでも売って収益(余裕)があることが必須、のような文章があった。自費出版、出版社としては儲かるんだろうな…。

[PR]

# by uchinadap | 2017-02-09 18:19 | 本など | Comments(0)

お追従

人の悪口は言ってはいけないとは幼稚園で習うことだが、多くの人は思っていても口に出さないようにする、という技を身に付けるのだと思っていた。悪口を言うためには、観察して批判的に見たり、以前の出来事を記憶していたりと、人に関心がないとできない。しかし、意見のない人もいるんだな。。。論文を読んでもや発表を聞いても無反応。どうしてもと促すと「素晴らしいと思います!」というお追従だ。お追従と意見の区別もつかないのか…と思っていたが、そうではない。気分はあっても意見はないのだ。

[PR]

# by uchinadap | 2017-02-09 07:20 | Comments(0)