さしすせそ

別に実習や授業は試験のためにやっている訳でもないが、ユニットの期間が3か月程度でしかも中間テストがあると「目標は試験に通ること」のようなってしまうのは仕方のないことなのか…。試験に関する私の考え方は以前と変わらない。
 昨日は実習だったが、何のために実習(私の場合はスケッチ)をしているのか…イマイチ伝わらないのである。認証欲求の強い人とか、(多分)何も考えていない人とか、まあ若いんだから仕方がない・今は通過点とは思うものの、繰り返されると疲れるものだ。研修医のさしすせそというの、ちょっと前何かを探していてみつけたが、同じページが見つからない。確かその時見つけたページでは
さ:さすがです! 
し:知りませんでした!
す:素晴らしい!
せ:せんせ~い(ハート)
そ:そうなんですか!?
だったと思うんだけれど、昨日はこれに満ちていた。まあベッドサイドでもそうだし、病院だけでなく営業とか接待とか接客とかディスカッションとか、これだけで30分は相槌を打ち続けることが出来そうだ。
[PR]

# by uchinadap | 2016-12-01 16:36 | 医学部 | Trackback | Comments(0)

今週のリコメンド

e0242080_17462086.jpg
久し振りに病院の売店に行ってきたところ、発見した「内灘町特産ピーナッツおこわ」。これは、おいしい!!!ピーナツの薄い塩味とカシュっていう食感がなんともいえなく、よいです。ほのかな甘味と柔らかさ…だったのかなあ?内灘のどこでピーナッツが獲れているのだろうか…?

[PR]

# by uchinadap | 2016-11-28 17:49 | 石川 | Trackback | Comments(0)

しゃぼん

佐藤さん主催の幹細胞とがんの数理生物学シンポに行ってきた。学内のプロジェクトとのことで、昨年始まり今年度終了のことだが、1年の積み重ねが感じられた。実験と数理を1人(ラボ)づつ組ませて割と小さい数理モデルを組ませるのがうまいと思う。大風呂敷を広げても進まないし、まずはお互いの言語を理解する時間と努力が必要だ。その点1対1で組むと逃げ場?が無いので、やるしかない。
 内容もどれも違っていて面白かったが、一番のヒットは、あのしゃぼんの論文の人が佐藤研にいるということがわかったことだ。この論文、理研から微研に移ったばっかりで微研で読んだことを鮮明に覚えている。わからなさは同じくらいではあるが、同じ数理でも酵素反応の数理より、形態の数理の方が、面白く感じる。あくまで感じるだけであるが、いまのところ。
[PR]

# by uchinadap | 2016-11-24 21:00 | 学会・旅など | Trackback | Comments(0)

20周年

e0242080_15544539.jpg
本日届いた、雅英先生の20周年記念誌。教室内でしかわからない、意外な事実満載だ。個人的なこと(7時を過ぎるとビールを飲んでいる…懐かしい古き良き時代の病理教室…。喜納先生は5時だったけれども。カラオケ好き、7時にはさっさと帰る、など)も面白かったが、ラボ立ち上げ当初は貧乏ラボだったがその後大きなグラントの責任者となって花開いていった経緯や、人の勧誘方法など、興味深い。今は診断をされているあの先生方も雅英研で実験していたこともあるんだな…という発見もあり、これは名大病理2教室の特殊な関係もあってのことだが、このような協力体制が築けるか、が大切なんだろうな。大学の同級生が雅英研に行ったことで、院生時代から少しづつ知り合いが増えたりして、また浜医の隣の教授は3代にわたって名大出身者ということもあり、今でも影に日向に色々とサポートを頂いている。偶然にも今年はMM独立20周年だった。主役になるのが嫌い(と私は感じる)なMMなので、真に喜んでくれたのかどうかは不明であるが、同窓会のように異なる時代のラボメンバーが一堂に会したのはよいことだったんじゃないかと思う。昔はこういう行事は時間の無駄で馬鹿らしいと思っていたが、何かの節目に振り返る、というのは、今後を生きていくためにも重要なんじゃないだろうか、と最近は思うようになった。

[PR]

# by uchinadap | 2016-11-21 16:12 | ラボその他 | Trackback | Comments(0)

小口川の夏

この真ん中辺にある自費出版の乗り鉄の人のセミナーだった。3つのKlfをCre-Loxで誘導的に潰して更に17あるファミリー群で戻し実験…。根気のいる仕事だ。随分をお忙しいのではと思うのだが、未だに実験されているとのこと。しかも、Q-PCRを…。私もやってはいるが、培養とかウエスタン、精々培養細胞のイメージング程度で、普通のPCRですらもう勘弁願いたい、という心境なのだが…。やる気の問題なのだろうか…?
[PR]

# by uchinadap | 2016-11-19 11:10 | ラボ研究 | Trackback | Comments(0)